さらば氷川、青梅街道を下る 2010年11月3日
氷川はいつまでも居たくなるまったりムードだが、陽のあるうちに青梅に着きたい。先を急ぐ。
青梅街道に入ってぺダルひと漕ぎ、かなりのスピードが出る。カメラにおさめるべき景観を見逃さないように、注意しながら進む。
こちらが下るのと同じくらいの速度で登ってくる対向の自転車の勢いに驚く。こういうサイクリストはいったいどういう人種なのだろうか

d0123571_0301817.jpg








d0123571_031499.jpg








d0123571_0312431.jpg








d0123571_0315337.jpg








d0123571_0321330.jpg








d0123571_0323451.jpg

by masashiw2 | 2010-11-08 00:34 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/12222673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uturohimoyou at 2010-11-08 07:02 x
おはようございます。 山懐に抱かれた氷川の景観がいいですね。
そして木造の品数豊富な三河屋さん? 屋号かと思いきや旅館の広告 この看板で幾許かの広告料が発生するのでしょうか?
ラストのホーロー看板も静かな余生を送っていますね。
Commented by masashiw2 at 2010-11-08 11:00
「ボリショイ菅公」気になりますね。岡山の学生服メーカー、尾崎商事です。
川魚などつまみにして一献、ゆっくりしたいところでしたが、運転中。
侘び錆景観が随所にあり(不思議とキリスト看板が少なく)、気がはやります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鳩の巣渓谷、昼なお暗く 201... 氷川の女ふたたび 2010年1... >>