旧名栗村、中心部を行きつ戻りつ 2010年12月11日
穏やかな里、冬桜など咲いている。このあたりは柚の産地なのか、無人販売は黄色い果実がごろごろ。
暮れの大掃除もかねて庭になっている柚をもいでいるご老人を幾度となく見かけた

d0123571_03528.jpg








d0123571_04545.jpg








d0123571_042283.jpg
「白雲山鳥居観音 開祖平沼桐江先生米寿像」と「平沼とみ夫人像」







d0123571_044682.jpg








d0123571_063138.jpg








d0123571_07376.jpg

by masashiw2 | 2010-12-21 00:10 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/12544071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uturohimoyou at 2010-12-21 08:25 x
おはようございます。 すすきの穂に優しい光が 遠近感 ボケがうつくしいですね。
きれいに保存されているのでしょうか木造の洋館 バス停に座り込む若者 何思っているのでしょう
ラストは撮影スポットになっているのでしょうね 冬を迎える新しい薪が目を引きます。
↓ 水面のグラデーションがうつくしいですね。
Commented by masashiw2 at 2010-12-21 09:26
ペパーミントグリーンハウスは農協でした。車の通りも少ない午後三時。
この先、まだ奥にも長閑な景観がひろがっているとは思いますが、
今回はここまでにして戻ってまいりました。一泊出来るといいのになぁとつくづく思った次第です。
次回は名栗村、ラストです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 旧名栗村、暖かくなったらいずれ... 名栗湖、蒼深し 2010年12... >>