青梅街道から岩蔵街道・鄙びポタ-5 2011年1月9日
すっかり町役場界隈になごんでしまう。八高線を越えて青梅街道に別れを告げ、岩蔵街道に入る。
住宅が減って、畑、牧草地、運動公園など、大きく景観がかわってきた。
圏央道を越え、岩蔵温泉手前で気持ちいいダウンヒル、40km / h出る。このあたりから急に鄙びてくる。岩蔵温泉には初見参

d0123571_0174213.jpg








d0123571_0175562.jpg








d0123571_0181430.jpg








d0123571_0183465.jpg








d0123571_018545.jpg








d0123571_0191543.jpg

by masashiw2 | 2011-01-14 00:20 | 峠道 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/12690094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2011-01-14 09:50
お寒うございます。アド街で東京唯一の温泉郷と紹介されていたので、
東青梅駅からバスに揺られ、低山に囲まれた岩蔵温泉を訪ねてみたところ、
情緒には欠けるものの、お堂があったり、小さな渓谷があったり…。
今思えば、暗箱師匠好みの鄙び系もゴロゴロ転がっていたような気が。
Commented by masashiw2 at 2011-01-14 13:43
私も初めて行ったのですが、チャリなので湯に浸かることもあたわず。雰囲気を概観するにとどまりました。
お堂や渓谷もあったのですね。どこを見てチャリをころがしていたんだろう???
フラットハウスや廃屋のホーロー看板を撮ったり、野ネコと遊んだりするうち、肝心の観光チェックを怠っていたようです。

何が起こるかわからないアジアカップ、ご覧になっていますか。PKいやですねぇ。紛争国家と闘うのは容易なことではありません。
Commented by uturohimoyou at 2011-01-14 15:46 x
こんにちは。
鈍く光る道路と色褪せた横断標識の絶妙なバランス、
マツムラ毛糸店の● ▼ ▲ の塗りつぶしもいいですね。
白壁に黄色いドアのスナックも店内が気になるところです。
Commented by masashiw2 at 2011-01-14 17:11
塗りつぶしは小児病的に追いかけてしまいます。
隠蔽されていた部分が白日のもとにいよいよ晒されようとしています。
最後は圏央道の橋脚のペイントです。uturohiフォロワーならmustな被写体ですね。
Commented by ken_kisaragi at 2011-01-14 23:33
青梅市 、ここはツウを唸らせそうな風情感じます。
だるま市ですか・・墨絵から察するに、凄いのが売りにでそうな予感。
金網越しの遠景も素敵ですね。

Commented by masashiw2 at 2011-01-15 00:36
最近、どんどん青梅関連のエントリが増えていき……、自分でも驚いています。
もともとこの方面にはレジャーや道楽でよくでかけておりました。
実際に暮らしてみると、どんなだろうという興味もあって、今だにウロウロしたりするのかも。
「ツウを唸らせる」——殺し文句ですね! そう思われるところで暮らしてみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 岩蔵街道・鄙びポタ-6 201... 青梅街道鄙びポタ-4 2011... >>