岩蔵街道・鄙びポタ-6 2011年1月9日
岩蔵温泉は、掘れば出てくるそこらへんのモール泉とは、まったく出自が違うらしいので気にはなっていた。
鉱泉なので、あたりにもうもうと湯気が立ちこめているわけではない。湯宿が集う温泉郷としては東京に唯一という。
この日は残念ながら湯に入るのが目的ではなかった。自転車から降りて、あたりを概観し、ゆっくり記憶にとどめて歩く。
湯に入る機会も近いうちにあるかもしれない。もし叶うなら、お湯でほてったからだをFlat Houseの縁側でさましてみたい……

d0123571_021427.jpg








d0123571_02322.jpg








d0123571_025913.jpg








d0123571_033155.jpg








d0123571_04440.jpg








d0123571_044261.jpg








d0123571_05480.jpg

何が起こるかわからないアジアカップ、なかなか勝ち抜くのが容易ではない。
あいも変わらぬ対戦国——ガチガチに守ってカウンター頼み、あるいは単調なロングボール攻撃。ラフプレーを連発し、痛がっては遅延する。
昨日のゲームも、オフサイドと思っても飛び込んできて勝手に倒れるヤカラと、それをPKと判定する審判を相手に闘わなくてはならなかった。
いったい、いつまでこういう国々と闘わなくてはならないのだろうか……

by masashiw2 | 2011-01-15 00:12 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/12695882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 都道193号線・鄙びポタ-7 ... 青梅街道から岩蔵街道・鄙びポタ... >>