柳沢峠4 冬枯れのキャンプ場を擦過する 2011年11月27日
おいらん淵を過ぎ、井戸底のような渓谷を抜け、枯れた集落を通過する。写真に写るもの以外はすべて山の中の道。
このあたりになるとちょっとした下りすらなく、だらっとした勾配がひたすら峠まで続く。
いつもYahoo!の地図のプリントアウトに標高をメモして持ち歩いている。それを見るたび、標高を効率よくかせいでいる。
冬枯れのキャンプ地に哀愁を感じながら、最後の握り飯をほおばる。峠手前に設置されている温度計は11℃を表示していた

d0123571_014881.jpg








d0123571_02873.jpg








d0123571_023153.jpg








d0123571_025645.jpg








d0123571_031627.jpg








d0123571_04097.jpg








d0123571_042087.jpg

by masashiw2 | 2011-12-06 00:06 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/15062137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a1photo at 2011-12-06 21:20
うーーーん、魅力たっぷり。
こうした所に行ってみたいなあ。
どんどん見せて下さい。
Commented by masashiw2 at 2011-12-06 22:53
a1photoさま お越し有り難うございました。お名前はつとに存じ上げておりました。
渋めな循環に陥りがちなんですが、こんな感じでよかったらどうぞごゆっくり。
タグ、一番上「Recommended」などご覧いただきたく。
今後とも宜しくお願いいたします。
Commented by a-path at 2011-12-08 01:08
こうした風景に惹かれ、また実際に似た雰囲気の所を結構通っているのですが、なかなか撮る機会がありません。
それにしても、自転車でというのは私には真似ができません(笑)

照らされてなお、侘しさと温かさが同居している感じ… 惹かれます。
Commented by masashiw2 at 2011-12-08 08:11
a-pathさま 「照らせれてなお、侘しさと温かさが同居している感じ」、
まさにそれですね。落合という集落でした。このあたりが景観的にも核心部でしたね。
この北の林道の先に一の瀬高原というキャンプ場もあって、
そこもどうなっているのか……などと思いをめぐらします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柳沢峠5 机“チクワブ”竜之介... 柳沢峠3 「お祭り」から丹波山... >>