柳沢峠5 机“チクワブ”竜之介に出逢う 2011年11月27日
峠の茶店からはお約束の富士。このところ日頃の行いがいいらしい。
富士を拝めながら、空中に放り出されるような橋りょうをダウンヒル。
ふりかえってみれば山肌に橋りょうの造形が大胆に食い込んでいる。うねうねと山肌にまとわりついていた旧道は
砕石に埋めつくされていたりで、人工物と自然とのせめぎ合いが見てとれる。
裂石まではあっという間。中里介山記念館には机竜之介の石像アリ。
市川雷蔵演じるニヒリスト剣士には、ほど遠い五頭身の田舎侍風。これではまるでチクワブだ

d0123571_025485.jpg








d0123571_03529.jpg








d0123571_034013.jpg








d0123571_04318.jpg








d0123571_042433.jpg








d0123571_04448.jpg








d0123571_05994.jpg

by masashiw2 | 2011-12-07 00:08 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/15067731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2011-12-07 09:35
疲れも一気に吹き飛ぶ見事な富士ですね。
ところで雲峰荘はパスされたのでしょうか?
Commented by masashiw2 at 2011-12-07 10:57
50km/h 出ていると、ひなび旅という風になかなかいきませんね。
体力的にカツカツだと、風呂に入るもないというのが実情かと。
湯宿で泊まる前提で輪行旅、考え中です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柳沢峠6 穏やかな果樹園を抜け... 柳沢峠4 冬枯れのキャンプ場を... >>