刈場坂(かばさか)峠までが“核心部” 2012年9月29日
正丸峠からひんやりとした木立の中の林道を降りて行く。まだ昼前だが、あたりは薄暗い。
夜なら真っ暗であろう林道に、民家がぽつりぽつり……暮らしが息づいているようだ。
正丸トンネル入り口あたりが最低鞍部で標高が380メートル。そこから刈場坂峠まで一本調子の登り。
途中、高麗川源流となる登山道を分けるあたりまで行くと、勾配は緩くなり、虚空蔵峠を越えると一投足で刈場坂峠着

d0123571_23103263.jpg








d0123571_2311050.jpg








d0123571_2311922.jpg
最低鞍部近くからみる刈場坂峠







d0123571_23112784.jpg








d0123571_23115161.jpg








d0123571_23121899.jpg
で、やっとこさ奥武蔵グリーンラインに入ります


by masashiw2 | 2012-10-01 23:16 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/16917502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奥武蔵グリーンラインを楽しむ ... 山伏峠、そして正丸峠へ 201... >>