鶴峠からダウンヒル 2012年11月25日
栗山、長作、前原、牛飼、飯尾、郷原、下城、扁盃(へはい)、田和、上平、初戸、
西原、梅久保、坂本、芦瀬、沢渡、大垣外、棡原……小さな集落をいくつも過ぎて降りて行く

d0123571_537499.jpg




d0123571_5252699.jpg




d0123571_5254478.jpg




d0123571_526493.jpg




d0123571_5363497.jpg




d0123571_5261977.jpg




d0123571_5265587.jpg

2012年11月29日
今週末の寒気は厳しくなるらしい。締め切りもなく、ぽっかりとあいたエアポケットのようなこの木曜日、日中は暖かいとの予報。
路面が凍る前の、今年最後の奥多摩漕ぎをやっておきたい。奥多摩湖から風張峠、数馬に降りる。目標は自走。

25日と同様、日の出前に出発。新青梅は混んでいたので、旧青梅で瑞穂まで行ったほうがよかった。
青梅駅前に入る手前で、吉野街道に入り、古里まで。こちらのほうがダンプが少ないような気がする。
白丸を過ぎてから、もう一度多摩川右岸に移り、愛宕トンネル(こちらもダンプなし)で奥多摩駅をパス。10時前には奥多摩湖、
10時20分には深山橋を渡り、奥多摩周遊道路にとりつく。11時過ぎには月夜見第一駐車場に、心拍一定・ギア2枚残して到着。
しばし奥多摩湖と石尾根を遠望。道は傾斜が減ってきて、やがて下りに。数馬まではあっという間。
五日市手前で100km越え、睦橋から多摩サイに入って120km、是政から午後3時過ぎ帰着、146km。

そういえば、奥多摩周遊道路の料金所跡がなくなっていた(赤錆びた水平ロープウェーの橋脚はあいかわらず)。
それにしてもきれいな舗装。いつも細かく工事の手が入っていて、とても走りやすい。

11月4日の納車から、都合750kmほど漕いだ。まずはいい滑り出し。月がかわって、今週末からは冬装備かと……


by masashiw2 | 2012-11-30 05:28 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/17326718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 山峡の「コータロー」二枚張り ... 奥多摩湖から鶴峠へ 2012年... >>