橋以上でも橋以下でもなく・冬の青梅成木 2013年1月12日
家々は丸石を積み重ねた堡塁のうえに建っている。お水もお由美も変わりなく……。
小さなモルタルの橋があるのだけれど、これが橋以上の、橋以下でもないというか、まさにそういうちんまりさ加減

d0123571_2351613.jpg








d0123571_23512618.jpg








d0123571_23514242.jpg








d0123571_2352945.jpg








d0123571_23522319.jpg
成木あたりも、この雪で、どんなふうに景色がかわったろうか……


by masashiw2 | 2013-01-15 23:52 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/17630375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ken_kisaragi at 2013-01-16 21:55
なるほど確かに程よい加減、それに加えてモノクロームの凛とした感じが素敵ですね。
僅かのセピア調色とギリギリ白のコンビネーションも成る程です。
走るも良し、撮るも良しの青梅市 ! 
鎖骨バンドは外れませんが、ぼちぼちローラー回してお茶濁しております。
Commented by masashiw2 at 2013-01-16 22:23
行くたびに同じようなものをいろいろ撮ってしまうのですが、
モノクロにしたら、また切り口が違って見えるかも──という猿知恵です。
小沢トンネルから下のよろず屋さんまで5km、50km/hの爽快なダウンヒル。やめられません。

カリンバ(サムピアノ)いいですね。6×7でけっこう筋トレになっているのでは?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そのつもりではなかったが、ヒル... よろず屋さんの先へ・冬の青梅成... >>