青梅・黒沢から青梅宿へ 2013年4月12日
このあたりの川は、多摩川ではなく、入間川から荒川へ注ぐ。
小曾木街道を南に詰めていくと、しだいに勾配がきつくなり、青梅坂トンネルとなる。
ここを越えると青梅宿。青梅線を渡ってすぐ左折、梅岩寺の大しだれはすでに立派な葉桜になっていた

d0123571_232881.jpg




d0123571_23282030.jpg




d0123571_23283596.jpg




d0123571_23292027.jpg




d0123571_23293112.jpg




d0123571_23294373.jpg




d0123571_2330060.jpg




d0123571_23301069.jpg

青梅・小曾木街道、ご高覧有り難うございました。
峠道、引き続き、今度は奥武蔵グリーンロード。顔振峠から定峰峠、そして寄居への道をご紹介していきます


by masashiw2 | 2013-04-17 23:32 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/18569200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uturohimoyou at 2013-04-18 06:33
田舎で時々見かけますが カーペットや絨毯を敷いてあるのは駐車場のぬかるみ対策でしょうか?
年季の入った竹箒やシルバーペイントをバックに空色に掲示板など気になるところは一緒ですね^^。
Commented by masashiw2 at 2013-04-18 11:34
どこへ行っても、同じような傾向のものに惹かれますねぇ。
絨毯で傾斜地の泥が流れるのを押さえているもようですが、
こういう「まにあわせ」が恒常化するズボラさがいいんですね。
トタン波板も都市部では見かけなくなってきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奥武蔵グリーンライン縦走・顔振... 青梅・黒沢へ 2013年4月12日 >>