柳沢峠補遺・柳沢峠まで 2013年4月28日
丹波山から国道411号は「大菩薩ライン」という表示が目につくようになる。いよいよ峠道。平坦なところはない。ずっと6%くらいか。
逆コース=柳沢峠から奥多摩湖に降りるとすれば、丹波山まではほとんど漕ぐ必要がないだろう。
トンネル内も容赦ない上り。5%くらいありそう。出口の光がかなり上のほうにある。暗いトンネルばかり、前後猫目点灯。
ただ、たまにでてくるヘアピンは勾配がなく、巻貝もたいしたことはない。
それにしても、標高1000mを越えても人家がちらほら。街灯もない夜はどんな世界なのだろう。
1300mを越えたあたりで、グリコCCDワンセコンドを投入。空の青さが沁みる

d0123571_2331699.jpg
大常木第一洞門







d0123571_23305693.jpg
市ノ瀬林道入口から見た大菩薩ライン







d0123571_23314180.jpg








d0123571_23322886.jpg








d0123571_23324967.jpg








d0123571_2333627.jpg


by masashiw2 | 2013-05-03 23:38 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/18690548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by funazusigokko at 2013-05-04 05:02
こんな坂道を延々と漕ぐのですか。
変速ギアってそんなに頼りになりますか。
田舎育ちで昔自転車は生活の一部でいあたが
車に乗るようになってほとんどのっていません。
masashiwさんの記事を読むと
もう一度乗ってみたいなという気持ちになります。
私の場合はママチャリですが。
風邪になりたや、五月の風になんて。
Commented by masashiw2 at 2013-05-04 09:04
勾配があるように坂を撮っていますね。撮るためにはちょいちょい停まらねばならないし、
ほんとうに坂に強い人は、しゃかしゃかと意に介せず一気に登りきってしまうようです。
瀬戸内の島に行かれたのですね。坂がいっぱいありそうです。
五月の海風を感じました。島の風景、楽しみに拝見します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柳沢峠補遺・塩山まで 2013... 柳沢峠補遺・丹波山まで 201... >>