柳沢峠補遺・塩山まで 2013年4月28日
午後1時ちょっとで柳沢峠着。サイコンの高度計は意外と正確だった。誤差マイナス10m。
お約束の富士山もちょっとモヤっていたが見ることができた(前回は初冬できれいに見えた)。
さて、ダウンヒル。空間に大きく張り出たカーブ橋梁をいくつも降りる。最高速は、むしろ裂石を過ぎてからの盆地に落ちていくストレート。
峠から40分くらいで塩山駅。塩山は標高400mくらいだから、一気に1000メートル以上落ちてきたことになる。ちょっと耳が痛い。
輪行支度をして電車に乗り込み、プロテインを水で流し込んでひと心地つく。
大月から中央線快速に乗り換え、登山客に混じって爆睡。武蔵境には午後5時前に着いた

d0123571_232935.jpg








d0123571_2314938.jpg








d0123571_23228.jpg
柳沢峠手前の大きな橋梁。振り返ると、奥秩父・飛竜から笠取岳が見える







d0123571_2324128.jpg
@柳沢峠。ほぼ正確な高度表示。クリノメーターはむろん0%。しかし気温表示はご愛嬌







d0123571_2334545.jpg








d0123571_2333295.jpg








d0123571_2343474.jpg

2013年5月4日
金・土とこもりっきりで仕事。5日は遠乗りしたい。ベーコン展や山口晃展も見たいのだが……


by masashiw2 | 2013-05-04 23:12 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/18695225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柳沢峠補遺・塩山の残りを少々 ... 柳沢峠補遺・柳沢峠まで 201... >>