山伏峠はガスのなか 2013年9月7日
前夜、夜更かししたので、寝坊。気がついたら総合のあまちゃんも終わっていた。早めに出ないと田舎圏内に入る前に混んでしまうのに。
後悔しきりで、さしあたり小平から東大和、なんとなく青梅街道旧道から瑞穂に向かう。天気がビミョー。
岩蔵街道に入って16号を越えたら、ぽつぽつと落ちてきた。笹仁田峠を越えたらウエット。いやだなぁ。
小雨のなか、とにかく岩蔵温泉まで降りてみっぺ。ん〜、とにかく山王峠を越えてみっぺ……。
雨強くなってきたけど、とりあえず名栗まで行ってみっぺ……。ここまできたら山伏峠までは登っておかねば。
雨もやんできたので、名栗湖も久しぶりに寄ってみっぺ。──こんな感じでユルく漕ぐ。下りはゆっくり。
帰路、小沢あたりから道が乾いてきた。小沢トンネルを抜けると、成木はドライ。じゃ、飛ばしてみっぺ! ニューホイール快調。
バーディ坂から岩蔵街道に戻る。瑞穂に戻ってきたら、セミが鳴き出して蒸し暑い空気に変わる。やっぱり多摩は暑い

d0123571_2341023.jpg




d0123571_23411568.jpg




d0123571_23403760.jpg




d0123571_23412026.jpg




d0123571_2341054.jpg




d0123571_23413429.jpg
このところ雨男の記事、少し続きます


by masashiw2 | 2013-09-07 23:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/19616782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fresh-mango at 2013-09-09 14:22
「発砲注意」…!怖すぎます!!
Commented by masashiw2 at 2013-09-09 22:36
このあたりでは猿を見かけたことがあります。野生動物が人里に降りてくることもあって、
やおら鉄砲をぶっ放すご仁もいらっしゃることでせう。熊鈴をつけたほうがいいかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 名栗だけに栗多し 2013年9月7日 Shirakawa, Fuku... >>