木賊峠から観音峠、いったん麓へ 2013年9月28日
木賊峠から観音峠までは緩やかに高度を落としていく山腹の水平道。
路側をおおっている泥や落葉松の落葉がけっこうクセモノ。砕石も多い。寂しい山中でのパンク修理はゴメンなのでスピード控えめ。
木立の中から、急に開けたところへ。ここが長窪峠。とても気分が晴れる。茅ヶ岳の先に甲斐駒ヶ岳が頭だけ見えていた。
ほどなく観音峠。単なるジャンクションなのであまり展望がよいとは言えない。補給食を食べ尽くして、そそくさと麓の集落に降りる。
ブラケットポジションではブレーキングがしんどいくらいの勾配。
逆コースはかなりしょっぱいでせう。人家がでてきても勾配はずっと10%くらいか。
しかしいつもながら、すこしの時間山上にいて麓に降りてくると、見知らぬ土地でも少なからずホッとするのはなぜだろうか……

d0123571_23244951.jpg




d0123571_233305.jpg




d0123571_2335676.jpg




d0123571_2354287.jpg
ススキの先に金ヶ岳、茅ヶ岳。南アルプスもちょびっと



d0123571_2355628.jpg
さらば八ヶ岳、次は晩秋か……?



d0123571_237155.jpg
観音峠、写真なく、もう麓の集落。自販機のデカビタドリンクでガラナエキス摂取



d0123571_2361835.jpg




d0123571_2371521.jpg


by masashiw2 | 2013-10-03 23:14 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/19761390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< めんどうくさい昇仙峡 2013... 瑞牆山こもごも、そして木賊峠へ... >>