丹波山村、峰谷橋、そして奥多摩湖 2013年11月9日
12時の時報は丹波山村の村内放送で聞いた。雲が出てきたので、サングラスも外して先を急ぐ

d0123571_2315397.jpg




d0123571_23151591.jpg
このあたりに宿でもとる計画にしないと、いつまでたってもこの温泉にも入れない。うしろの天守閣は大すべり台のスタート地点



d0123571_2316060.jpg
赤く美しい峰山橋。奥多摩湖も、先週は対岸の周遊道路から覗いただけだったが、一週間経ってさらに色づいた気がする



d0123571_2316238.jpg
テグスにからまった鳥たちが物哀しくせつない。どうか小さきものたちにこんな絡まりがないように願いたい



d0123571_23163177.jpg
そして小河内ダム。何のモンダイもなくここまでこれて嬉しい。天気がもってくれることを祈って、家まで自走



d0123571_23171629.jpg
上日川峠、柳沢峠、奥多摩湖、ご高覧有り難うございました


by masashiw2 | 2013-11-13 23:17 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/19957914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobulinn at 2013-11-16 22:58
こんばんは。
秋の奥多摩、楽しませていただきました。
やはり季節が少し早いですね。
前の記事の1枚目の光景、秋の香りがしてきそうでほっとします。
釣り糸や釣り針の始末は、本当にしっかりしてもらいたいですよね。
つばめが巣に持ち込んでしまうなんて・・・そこまでは思い至りませんでした。
都内の公園の池などでも、野鳥の足に釣り糸が絡まって、取れなくなる事故が発生しているようで、心を痛めていました。
最後のお写真、とっても美しいですね。
Commented by masashiw2 at 2013-11-17 10:13
ご返事遅くなりすみません。
性懲りもなく、この土曜日も紅葉狩り=峠漕ぎに出かけておりました。
奥多摩の北に隣接する奥武蔵、名栗の里から有馬峠を越えて秩父に降りました。
広葉樹の多いあたりで、今週末も紅葉が楽しめました。
カモシカや猿たちとの出会いもあり、半分コワいのですが、楽しくもアリ。
今日からアップしていきますのでヨロシクです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 名栗湖から有馬峠をめざす 20... 柳沢峠から丹波山村へ 2013... >>