鋸山林道を漕ぐ・大ダワへ 2013年11月30日
御岳山から大岳山、鋸山、御前山、三頭山へとつらなる奥多摩主脈。鋸山〜御前山の鞍部が大ダワ。
この鞍部を通って、奥多摩・氷川と檜原・神戸(かのと)を結ぶ林道が鋸山林道。
雲取山の北の稜線にも同じ名称の鞍部があって、日原からそこに向かう林道を「大ダワ林道」と呼び、ややこしいといえば、ややこしい。
鋸山の大ダワの標高は994mと、1000mには6m足りず、御岳山よりは少し高いくらい。
2年前に檜原側から漕いでいるが、今回は逆コース、やや勾配のキツイ(ave.10%)奥多摩側から漕いでみることにした。

瑞穂まで旧青梅街道、青梅からは吉野街道。吉野街道は最近、帰路に降りてばっかりだったので、寒さもあって低調な登りっぷり。
古里コンビニからは前後猫目を点けて、愛宕トンネルまでやってまいりました。トンネルの出口のすぐ上が鋸山林道起点。
新調した熊鈴をつけて登坂開始。採石場のような施設を越えると、割れたコンクリ舗装に閉口。
このあたりがもっとも勾配のキツイ箇所かも。林地から、氷川の駅の奥多摩工業が見えた

d0123571_1237210.jpg
この先、大丈夫かよ……と思わせる道標たち。それなりの覚悟が必要なのだろうか



d0123571_12372896.jpg
奥多摩工業・氷川事業所が林間から見える。近いので地鳴りも聞こえてきそう



d0123571_1238153.jpg
登ってきた林道の白いガードレールが足下に。自分を誉めてあげたくなる



d0123571_12384963.jpg
大ダワから来し方を振り返って。そこそこ大きなケダモノの気配がつねにあった



d0123571_12393189.jpg
大ダワ。ソーラーパネルトイレあり




d0123571_12401321.jpg





d0123571_12411381.jpg
かなり上のほう、鋸尾根の西面の山腹に移ってから二つ目のヘアピンを越えたあたりの舗装がかなり悪くなっていた。
日当りがよい斜面から水が沁み出しており、凍ったり融けたりを繰り返して、舗装を蝕むのだろう。
50mくらいに渡って割れて、落ち葉がたまり腐っている。片ペダルを外して強引に越えたが、降りて押したほうが無難だったか。
少し続きます

by masashiw2 | 2013-12-02 12:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20050566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2013-12-03 08:43
お寒うございます。
寒さをものともせず、こまめにお出かけになられているようで、感服します。
後半、払沢の滝界隈に寄り道されているようですし、引き続き楽しみです。
Commented by masashiw2 at 2013-12-03 13:17
寒くなりましたね。この土曜もなかなか“エンジン”が暖まらず……。
今回行きましたあたりは登山道も縦横にあり、その昔登ったピークを
指差して同定しながらの漕ぎのぼりとなりました。
滝には行かなかったのですが、時坂峠の茶屋までピストンしてきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鋸山林道を漕ぐ・大ダワから神戸... そして、クーデルカ展 2013... >>