鋸山林道を漕ぐ・大ダワから神戸(かのと)岩へ 2013年11月30日
御前山方面から南東に落ちる尾根を見ながら降りる。路側の落葉には岩くずがいっぱいかと。
ここらあたりの岩質は神戸岩やつづら岩に代表されるようなチャート質。鋭利な岩くずに触れたらアウト。
ゆっくり、景色も見ながら降りる。沢筋に降りてくるとキツイ勾配のモルタル舗装もチラホラ、レバーを引く手のスジが痛くなる

d0123571_20531936.jpg




d0123571_20533259.jpg




d0123571_20542214.jpg
造林地であっても、心和む景観。何の物音もしない



d0123571_20544911.jpg
いくつもの巻貝を越えて。落枝にも注意



d0123571_21235661.jpg
先に見えるのは時坂(とっさか)峠、その先は浅間尾根か。檜原村は山だらけ



d0123571_210510.jpg
神戸岩は関門のような巨石。左右の巨石の間はゴルジュになっている。ここはゴルジュのすぐ上流



d0123571_210541.jpg
電灯のないトンネル、迷わず降りて押す。ヘッデンが欲しいところ。下はゴツゴツのモルタル舗装、濡れていてクリートが滑る

帰ってきてから、GPSログを見ると、林道起点から大ダワまで距離が6.79km、標高差が618m。
したがって勾配は9.1%。10%に満たなかった。舗装が悪いのを考慮に入れて10%という感じか。
また、大ダワからの下りを神戸岩までとすると、距離が6.09km、標高差が561m。勾配は9.2%で、奥多摩側よりわずかにキツイという結果。
よくいわれているように檜原側が少しユルいということにはならなかった。区間を下の神戸の集落まで含めればユルくなるのかもしれないが……




d0123571_2115367.jpg
大ダワから降り始めて割とすぐの箇所。おクルマのかた、路肩悪く注意が必要です

by masashiw2 | 2013-12-03 21:06 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20056701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鋸山林道を漕ぐ・神戸岩から里に... 鋸山林道を漕ぐ・大ダワへ 20... >>