鋸山林道を漕ぐ・神戸岩から里に降りる 2013年11月30日
真っ暗なトンネルを抜けるとまだまだ紅葉が残っていた。盛りのころはいかばかりか──とぞ思う。
悪路を越えてやってきた甲斐があるというものだ。しばし神戸岩とあわせて見とれる。あとは、底冷えのする渓谷沿いをたどる

d0123571_22385556.jpg




d0123571_2239988.jpg




d0123571_22392048.jpg




d0123571_22393399.jpg




d0123571_22394554.jpg




d0123571_2239587.jpg
まだ昼前なので、時坂(とっさか)峠にとりかかる。冬枯れのバンガロー村を降りて、北秋川に沿って、分岐目印の「ちとせ屋」を目指す。
この店の卯の花ドーナツがうまいと知ったのは帰ってきてから。惜しいことをした

2013年12月3日
フォトジャーナリストの山本宗補さんが、写真集「戦後はまだ…」で、
平和や人権擁護に貢献した報道や作品を表彰する「平和・協同ジャーナリスト基金賞」奨励賞を受賞! 
フリーランスでは唯一の受賞。詳しくはこちら

by masashiw2 | 2013-12-04 22:42 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20061403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オマケ・時坂(とっさか)峠へ ... 鋸山林道を漕ぐ・大ダワから神戸... >>