雛鶴峠へ・川君のつぶやき 2013年12月14日
峠の手前に「王の入り(おうのいり)まんじゅう」という茶店があって、まんじゅうを食べさせてくれる。
この茶店のあたりで、秋山川君がつぶやいていた。──「音風景。夜、川辺に静かに腰かけて、目をつむって、
しばらく耳を澄ましてごらんよ。遠くに河鹿蛙の声。これって深くない・・・?」

d0123571_2144319.jpg




d0123571_2144464.jpg




d0123571_21455100.jpg




d0123571_21452838.jpg
道がいい割にクルマの通行は非常に少ない。信号もほとんどない



d0123571_21455661.jpg




d0123571_2146209.jpg
「王の入りまんじゅう」の裏の川=秋山川



d0123571_21463262.jpg
なんだかいいなぁと思った。ここからあと3kmで雛鶴峠

by masashiw2 | 2013-12-16 21:48 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20111119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雛鶴峠へ・ここにも姫様の伝説が... 雛鶴峠へ・ほどよい距離感の秋山... >>