関屋の切り通しを行く 2014年1月11日
毎度々々の尾根幹漕ぎは、是政から川崎街道を登って連光寺、多摩大から尾根幹を南下、トイザらス町田多摩境店まで行ってから、東へ。
小山田の緑道を伝って、日大三高の丘を越え、聾学校入口から小野神社に降りる。
いつもなら、小野路宿を通過して、恵泉女子大の裏を通って尾根幹に戻り、稲城五中で左折、是政に降りる。

火野正平の「こころ旅」──旅番組というにはかなりあっさり目で、ただただ俳優の息遣いが、津々浦々の細い道を擦過していく。
自転車というものは、その土地の風土を感じとるのにちょうどよい乗り物だなぁ──などと感じ入りながら、いつもぼんやりと見ている。
年末に放送された東京編、多摩近辺が多めに紹介されていた。とりわけ気になったのが町田の「関屋の切り通し」。
病を患った老夫婦が大切にしている里山の景観。地元の人でないと、こんな里山なんて知らないだろうなぁ。
調べてみると、尾根幹漕ぎの小野路宿のすぐそば。

通過してしまう小野路宿から生活道路をちょっこっと入る(民家の庭先に入ってしまいそう)と、
お稲荷さんがあらわれる。そのすぐ先がくだんの切り通し。番組で紹介されていたルートとは逆コースで進む

d0123571_21542528.jpg




d0123571_21543694.jpg




d0123571_21545952.jpg
こちらは一本杉公園方面



d0123571_21551156.jpg




d0123571_2157479.jpg
すぐに切り通し核心部



d0123571_21571695.jpg

これが布田道。鎌倉街道まで少し続きます

by masashiw2 | 2014-01-15 22:00 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20236556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 関屋の切り通しを越えて 201... FONTWORKS 2014年... >>