お彼岸、雛鶴峠へ 2014年3月22日
三連休のうち、一日はどこかへ漕ぎに出ようかと思っていたが、今春は雪の影響で、あまり山の奥にはいけそうにない。
昨年の3月、上旬には奥武蔵グリーンロードを杉花粉にむせびながら漕いでいたものだが、
今春では山あいの道はいまなお通行制限されているところがある。
さすがに生活道路なら大丈夫だろうと、大垂水峠から秋山に向けて出かけることにした。長い距離を漕ぎたい。
金曜日は冷たい風が吹き、体感気温が低く感じられたが(出かけずに家で縮こまっていた)、土曜日は風もいくぶん穏やか。
石田大橋からの富士山が真っ白に大きく見えた。“エンジン”が暖まるまでには少し時間がかかった

d0123571_22105231.jpg
山梨県上野原市秋山(旧秋山村)に入る。大垂水峠を越えると、広大な相模原市緑区。相模湖を渡って、しばらく山道を漕いでやっと秋山



d0123571_22111676.jpg
風の通り道



d0123571_22113979.jpg
二回目の雛鶴峠。新隧道入口から振り返った。秋山側の市境表示



d0123571_221149100.jpg
峠直下、旧道には雪がべったり



d0123571_22214853.jpg
雛鶴峠にタッチして往路を戻る。帰路は同じ道だとつまらないので、牧馬峠を経て、橋本に出る。少し続きます

by masashiw2 | 2014-03-23 22:26 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20496748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by funazusigokko at 2014-03-24 19:23
木枯らし紋次郎の時に秋山郷と言ってたような。
記憶は定かではありませんが。
そことは違いますか。
Commented by masashiw2 at 2014-03-24 21:57
上條恒彦の歌声を思い出しますね。懐かしい。
門次郎は上州新田郷出身かと思いますので、今の群馬県太田市あたりでせうか。
よく言われる秋山郷は長野と新潟の境目あたりの栄村のことのようです。
それはそうと、uturohiさんはどうされていますか? 更新がないので気になっています。
Commented at 2014-03-26 10:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masashiw2 at 2014-03-26 22:46
鍵コメさん、お知らせ有り難うございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雛鶴峠、悲運の姫様にあいみまえ... Tama-Reien, Kog... >>