モルタルの道・牧馬(まきめ)峠へ 2014年3月22日
核心部のモルタル舗装、長い。なかなか終わらない。最上部手前に片側通行部分があって、信号機が設置されている。
喘登のすえ、信号にたどり着くやいなや、幸か不幸か赤から青に。片側通行部分が短かったので助かった

d0123571_2384783.jpg




d0123571_2385671.jpg
峠直下、モルタル舗装部分終了点から来し方。勾配12%の表示。サイコンはそれ以上を表示していた



d0123571_2310785.jpg
峠付近はギフチョウの生息地という。ほかにヤマビルも。「シャクトリムシのような動きをして、足元からはい上がります。
毒はありませんが、吸われるとかゆく、血がなかなか止まりません」とのこと。さらに熊の目撃情報もアリ


d0123571_2310349.jpg
道幅がいったん細くなって、あとは下りで、道志みちへ



d0123571_23105063.jpg
こんなギンギラギンな施設もございました

峠を越えたあたりで正午。気温が上がってきて、汗だくになってしまった。
橋本まで惰性で漕いで、そのあとも惰性にまかせて関戸橋。府中からは小金井街道で帰宅。雛鶴峠〜牧馬峠、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2014-03-26 23:20 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20508446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ken_kisaragi at 2014-03-27 19:10
しかし走ってますね!
一瞬、首が飛んだ昆虫かな?と思ったのですが・・・
巨大な唐辛子のオブジェに控えめなキムチの看板に奥ゆかしさを感じます。
ギンギラギン施設との対比が絶妙!

今年は二ヶ月に一回程度のペースで上京しますので機会あればまた酒席でお会いしたいところです。
Commented by masashiw2 at 2014-03-27 23:15
相模原市緑区、フトコロが深いです。緑も勾配も豊富です。
暖かくなってきたので、積雪で漕げなかった分をとりもどそうと思っています。
JPS展入選おめでとうございます。写美地下で展示とは、ぜひ拝見したいです。
またよろしければご相伴にあずかりたく宜しくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Tanashi-Tower, ... 秋山から牧野へ 2014年3月22日 >>