好天、奥武蔵グリーンライン北半を行く-3 2014年4月26日
粥新田(かゆにた)峠まで──。奥武蔵グリーンライン中、もっとも森の深い部分かと。
定峰峠から東、最初のヘアピンの手前の林道秩父高原線に入る。細い道をたどると、結局集落に行き着いてしまうところが面白い。
なんのことはない、生活路。林道秩父高原線はいったん終わり、下(定峰峠から白石に降りた県道11号)から上がってくる道に合する。
畑を縫って、神社を過ぎると、林地に入り、突如15%のモルタル舗装のヘアピンがあらわれ、油断ならない。
やっとこさ登りきって、もうすぐ峠かと思いきや、せっかく稼いだ高度を50mも減じる急な下りとなり、
それを取り返す急な登りを終えたところが粥新田峠。見晴らしは、ない……(泣)。
山桜咲く深い緑。樹間から空を見上げると、無数の花蜂の羽音

d0123571_17191096.jpg
@定峰峠ちょっと下



d0123571_1719922.jpg
遠望はきかないが、かえって近くの広葉樹林のフカフカしたさまを身近に感じることができる



d0123571_17193939.jpg
来し方をふり返る。大きなケモノがいたような気がする



d0123571_1721764.jpg
やがてハルゼミの季節を迎えるのだろう



d0123571_17212560.jpg




d0123571_17214199.jpg
畜産関連の施設だろうか



d0123571_17242356.jpg
@粥新田峠。次回は高原牧場など

by masashiw2 | 2014-04-28 17:25 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/20629189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by funazusigokko at 2014-04-28 19:22
一緒に峠越えさせていただいてるような。
昔峠越えにはまっていたころを思い出します。
滋賀は隣の県とは大方峠で接しているので
峠はたくさんあります。
私は車ででしたが離合できないような道ではハラハラ
バックもうまくできないのに向こう見ずだったなあと。
懐かしく思い出しています。
Commented by masashiw2 at 2014-04-29 00:03
あらためて滋賀県の地図を見ていると、山だらけですね。
比良山は子供の頃、何度か遊びに行った楽しい記憶があります。
滋賀の古道をいつの日か漕いでみたいものです。
「息止めて目薬我にさす夫の……」、久しぶりにお姿拝見しました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 好天、奥武蔵グリーンライン北半... 好天、奥武蔵グリーンライン北半... >>