私の名栗自慢 2014年10月11日
四季を通じて漕ぎにきている名栗。
なぜに、この周辺が懐かしいかといえば、幼少の頃、街場から引っ越してきた田舎に似ているせいかも。
そのようなとってつけたような理由はともかく、旧道をたどり、雰囲気を楽しむ。いつの日か、日がな川遊びをしてみたい。
自分の田舎には、こんな美しい清流があったり、カミさんがたくさんいらしたりということはない

d0123571_2393723.jpg
「まろやかな口当たりの美味しい山の湧き水」とある庚申の水



d0123571_2393894.jpg
県の指定文化財・名栗川橋から上流 1924年完成のコンクリート橋



d0123571_23103692.jpg
名栗牛乳があればぜひ飲んでみたい



d0123571_23115421.jpg




d0123571_2312060.jpg




d0123571_23115651.jpg




d0123571_2312617.jpg
名栗湖入口の壁画が、この夏リニューアル



d0123571_23132970.jpg
観音様に続く箒目の林道@鳥居観音 距離1kmで300m登るという苔道



d0123571_23134191.jpg
ケニーズ前@鳥居観音

by masashiw2 | 2014-10-14 23:19 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/21209115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 天目指峠を越えて子(ね)の権現... 旧道をゆっくりと・秋の名栗路 ... >>