ぶどう峠へ・南/北相木村あちこち 2014年11月3日
穏やかな勾配でありながら、最後は岩盤をぶち抜く馬越峠。ハイカーのクルマが何台か駐車されていた。おそらくは天狗山方面かと。
北八ツから東に見える顕著な岩峰にはハコネコメツツジが分布しており、特別保護地域に指定されているという(峠の看板の受け売り)。
峠の地蔵さんに別れを告げ、南相木村に入る

d0123571_22392161.jpg




d0123571_22402917.jpg
南相木川の立岩(たていわ)湖。さらに川をさかのぼると、南相木ダム(日本最高所のダム、神流川発電所揚水発電の上のダム)へ



d0123571_2244267.jpg
ダムとは逆方向・西=小海側に降りて、村の中心部あたり



d0123571_23105531.jpg




d0123571_2245932.jpg
南/北相木村をつなぐ大鰭(ひれ)トンネル



d0123571_22454697.jpg
北相木村に入る。今度は東へ。行く手に御座山(おぐらさん)が大きい



d0123571_2245383.jpg




d0123571_22485549.jpg
次第に山がちに、最後の集落を越え、その先のぶどう峠へ。続く






d0123571_22385726.jpg
クリックで拡大します



d0123571_22392255.jpg
オマケ

by masashiw2 | 2014-11-05 22:55 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/21275894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2014-11-05 23:40
気になりググってしまいました、犬ころの滝。
Commented by nobulinn at 2014-11-06 08:01
おはようございます。
かわいいバス停!(笑)
昨日から急に冷え込んできましたが、山のほうはさらに季節が先を行きますね。
木々もすっかり色づいて、秋模様。
二宮さんも冬支度なのには笑ってしまいました。
Commented by masashiw2 at 2014-11-06 11:02
nandakadaysさん 画像ザクザクだったでせう。爺ヶ岳の種まき爺さんみたいなものかと。
それにしても、「犬ころ」って、愛犬家はどう思うのでせうね。
同じ頃、暖かい房総にいらしたのですね。
Commented by masashiw2 at 2014-11-06 11:19
nobulinnさん バスは一時間に一本ぐらいある感じでした。
紅葉は多摩よりかなり早く、一週間後だとかなり落葉が進んでいるかもしれません。
村のところどころには、石仏や祠などあり、小さな神々がいらっしゃいました。
二宮さん、首の傷が癒えるまではネックウォーマーはとれないかも……ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぶどう峠、体育会系だったのか…... ぶどう峠へ・馬越(まごえ)峠ま... >>