ぶどう峠、体育会系だったのか……!? 2014年11月3日
峠までは穏やかな勾配が続くと思われたが、峠直下は10%越えがそれなりに続く。風が次第に強く、冷たくなってきた。
峠は風の通り道。それまで路側にいやというほどたまっていた落葉松(からまつ)の落葉(おちば)が吹き飛ばされて……

d0123571_22513792.jpg
北相木村下新井



d0123571_22514653.jpg
北相木村下新井



d0123571_2252870.jpg
峠着。どうでもいいが、「落葉松の落葉」って、「馬から落ちて落馬する」みたいな……



d0123571_22534333.jpg
西の展望。遠くには蓼科山(中央)が見える。少し左の最低鞍部が麦草峠(国道299号)かと。
蓼科山からぶどう峠はどのように見えるのだろう



d0123571_22531236.jpg
峠の地蔵



d0123571_2253759.jpg
碑の裏側。ぶどう峠=武道峠。体育会系だったとは。はたまた武蔵への道?。それとも単なる当て字? 他方、「しゅん工」とある。
何の関係もないけど、ちゃらんぽらんでへそまがりな表記をことあるごとに用いていた自分の父を思い出していた



d0123571_22533635.jpg
群馬県側は薮が多くてあまり展望がいいとはいえなかったのでした。次回は錦秋の断崖峠ダウンヒル。つづく

by masashiw2 | 2014-11-06 22:59 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/21278856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ぶどう峠から上野村へ・落葉松よ... ぶどう峠へ・南/北相木村あちこ... >>