ふいに展望が開けて安堵する 2014年11月8日
暗い林地のなかの小径を延々と降りる。ふいに展望が開けた。暮らしが点在している。この斜度・距離感が街場にはないものかと。
山峡の中に蔵を持つような古い家屋があったりすると、その地についたありように唸ったり……。
国道299号に出てから、吾野宿へ。ここもゆっくりしたいところだが、さらに林道をつないでいく。
平坂飛村線に入って、中藤上郷に出た。花の季節に訪ねてみたい場所がまた増えた

d0123571_22313267.jpg




d0123571_2232035.jpg




d0123571_22321576.jpg




d0123571_22323934.jpg




d0123571_22331595.jpg




d0123571_22333776.jpg
以上、@長沢



d0123571_22334438.jpg
@吾野宿



d0123571_22335876.jpg
養福寺@中藤上郷
刈場坂峠から高山不動、ご高覧有り難うございました

by MASASHIW2 | 2014-11-16 22:41 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/21307968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 笹子峠漕ぎ・最寄り駅は無人駅 ... 高山不動、どこまでもモルタルリ... >>