大丹波から棒ノ嶺へ 2015年2月28日
棒ノ嶺頂上、快適。尾根沿いに東進すれば成木ヒルクライムの常磐林道。今回は北面の白谷沢を降りる。
心配していた雪もなく、大過なく下山。久しぶりの名栗湖、崩落した法面も固まったみたいで何より

d0123571_23385993.jpg




d0123571_23391194.jpg




d0123571_23392359.jpg
棒ノ嶺頂上からは、武甲山、伊豆ヶ岳、子の権現、高山不動が見えて楽しかった。グリーンライン好きにはこたえられない眺望かと



d0123571_2339442.jpg
“疲労凍死”級の寒さかと



d0123571_23405426.jpg
大名栗林道をまたぐ。雪はこのあたりにちょこっとあったのみ

久しぶりに話をした先輩がたとは、話が合ったのか合わなかったのか結局よくわからなかったが、総じて楽しかったと言っておこう。
さわらびの湯に入ったおかげで翌日の筋肉痛は皆無。棒ノ嶺登山、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2015-03-03 23:45 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/21603036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2015-03-04 07:24
白谷沢周辺は凍って滑りやすいのでは、と懸念しておりましたが、
事もなげに難なく下山されたようで何よりです。
Commented by masashiw2 at 2015-03-04 09:48
頂上付近が泥田のようなヌカルミで閉口しました。
土の抜けた木の階段もキライです。踏み固められた雪も林道の少し上にありました。
白谷沢のゴルジュあたりは問題ありませんでしたが、
凍結や増水があるとイヤなところでせうね。
名栗や成木の反対側にも、しっかりと暮らしが息づいているのが好ましかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 加藤國子さんの個展「杜」を観に... 奥多摩町・大丹波をいく-2 2... >>