奥武蔵グリーンラインを歩いてみる-1 2015年9月12日
このところ、なかなか好天がめぐってこなかった。この土曜日、自転車を漕いでもよかったのだが、ちょっと趣向をかえて、徒歩。
自転車では勝手知ったる奥武蔵グリーンライン(以下GL)を歩いてみることにした。

自転車だと、多摩から漕いでくるとして、山伏峠から正丸峠をへて、GL上の刈場坂(かばさか)峠に達するのが定番かと。
刈場坂峠はGLのおおよそ中ほどになるので、ここから気分次第で西(堂平、白石峠、定峰峠)へ行ったり、
東(高山不動、顔振(こうぶり)峠、鎌北湖)へ行ったり。
舗装(林道)がバッチリなので、比較的安心して、尾根上のサイクリングを楽しむことが出来る。

最近ではトレイル・ランを楽しむ人が増えて、GLでも駆けている人をよく見かける。こういう楽しみ方にも憧れるところがあり、
いつかは軽装でGLを駆けてみたいと思っている。病み上がりの身としては、駆けることは叶わずとも、
小径を踏みしめ、時折あらわれる展望を楽しんでみたい。まずは刈場坂峠までの東半分を歩く。
単調な林道歩きを避けて、旧来の縦走路を愚直に歩いてみるのも一興かと。なるべく尾根通しに歩いてみる

d0123571_23292216.jpg




d0123571_23293779.jpg




d0123571_23295233.jpg




d0123571_2330433.jpg




d0123571_23301624.jpg
以上、5点 @東吾野・虎秀(こしゅう)集落 自転車では通り過ぎてしまう生活感を拾って歩く


実は前夜、吉祥寺で楽しい飲み会があって気分よく酔ってしまい、帰宅後バッタリ寝入って出発が危ぶまれたが、
当日午前6時前の地震(調布市震度5弱)、強いタテ揺れで目が覚め、なんとか準備をして西武に乗り込む。

東吾野駅(0844着)~虎秀~新田~ユガテ~エビガ坂~阿寺~顔振峠~
傘杉峠~花立松ノ峠~関八州見晴台~飯盛峠~ぶな峠~ツツジ山~三田久保峠~林道北川正丸線~R299~正丸峠駅(1615着)
こんな行程になりました(Garminなし)。奥武蔵の峠道、少し続きます

by masashiw2 | 2015-09-13 23:37 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/22165385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奥武蔵グリーンラインを歩いてみ... 仕事にかまけておりまして・・・ >>