奥武蔵グリーンラインを歩いてみる-6 2015年9月12日
関八州見晴台を過ぎると、登山道で人にあうことはほとんどなくなった。
林道とクロスする頻度も少なくなってくるかも。登山道をたどっていると、林道とは違う時間が流れている風に感じる

d0123571_1113539.jpg
ぶな(木へんに義)峠の少し手前。ここから先、すこし林道になるが、すぐ南から北川集落から上がってくるダートが合する



d0123571_112126.jpg
刈場坂峠手前のつつじ山。今回はここから正丸駅に尾根づたいに降りることにする。林地から来し方を遠望



d0123571_1123230.jpg
下り基調だが、細かいアップダウンを繰り返す。@小ツツジ山、ここが正規のつつじ山と主張するメモが貼付けられていた



d0123571_1125228.jpg
国道299号に降りたあたりが本邦初帝王切開発祥の地という(唐突!)。記念碑があった



d0123571_1131272.jpg
つつじ山からの下り、急すぎてあまりおすすめできない感じかと。登山道というよりは林業の仕事道。
刈場坂峠にでて林道刈場坂線をたどるのがいいですね。
奥武蔵、近いうちにまた来てみたいと思います。ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2015-09-21 11:04 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/22198638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 道志から富士スバルライン 20... 奥武蔵グリーンラインを歩いてみ... >>