秋の奥多摩グランフォンド-2 2015年10月4日
予定より少し遅れ気味通りだが、10時には猿橋に降りてきた。12時過ぎには松姫峠にたどり着けそう。
松姫峠の大月側は松姫トンネルができてから、法面の改修のため先月まで通行不可だった。
お気に入りの道なので、クルマが入れない開通前にこっそり入ってみようかとも考えていたが果たせず、やっと今回見参

d0123571_2232191.jpg
松姫峠トンネル(右のトンネル)入口。旧道(左のトンネル=奈良倉トンネル)はいかにも“旧道”然な扱いに。
山のスカイライン(右1/3)、くぼんだあたり、峠道最上部の“ワッフル”が見えている


d0123571_22411749.jpg
2つある旧道のトンネルはいまやすべて灯なし。一番上の白草トンネルは途中で屈曲しているので、
知らないうちに対向車線に入っていたりで、肝を冷やす。光量のある前照灯必携(もちろん赤目=リアライトも)


d0123571_22414867.jpg
法面改修は、モルタル吹き付けやネット張りなどの手が入っていた。舗装の改修はなく、相変わらずのひび割れ道



d0123571_22421214.jpg
ドングリがカツンカツンと絶え間なく落ちてくる。クルマはほとんどなし、静かな峠道



d0123571_22423435.jpg
1100mを越えてくると、展望に励まされ、登高欲が湧いてくる。あとヘアピン1つで峠



d0123571_22435153.jpg
@ワッフルヘアピン。次回、風張峠へ

by masashiw2 | 2015-10-06 22:47 | 峠道 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/22279731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 岡田惠司 at 2015-10-17 18:47 x
ご無沙汰です。しばらくぶりに覗いてみると手術をしたとか。じつはボクも心房細動持ちなので記事の内容、色々と参考になりました。高校生の頃からわずかに不整脈の自覚はあったのですが、数年前に患った敗血症をきっかけに一時期頻繁になり、投薬治療をしてました。今は自覚症状もあまり無く、勝手に投薬をやめてしまってる状態です。ところで、話は変わりますが、じつはボクもこの一年くらいダイエットのため往復45kmくらいをCADD10通勤しております。ただ、なかなか継続する根気が無く体重は一進一退という感じです。という事で、いつも過酷な輪行の文章を感心しながら楽しく読ませてもらっています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋の奥多摩グランフォンド-3 ... 秋の奥多摩グランフォンド-1 ... >>