クリスタルな晩秋漕ぎ・木賊峠へ 2015年11月21日
紅葉の時機を逃し、悔し紛れに「葉が落ちきった高原漕ぎもそれなりに楽しい」と思い込むように漕いできたのだが……、
乙女高原からの下りが予想以上によかった。この時期にやってきてよかったと思い直す。
クリスタルライン最深部、鹿がピーと鳴いてドスンドスンと横切ったきり、誰にも会わない。
落葉の降り積もった路側から沁み出てくる滋味のようなものが林道に沿って漂っている。
乙女高原から熊鈴をつけてはいたが、耳障りに思えて消音してしまう。ひたすら下る

d0123571_2243488.jpg




d0123571_22431515.jpg




d0123571_22434773.jpg
顕著な岩塔。「登山大系」をひも解けば、それなりの登攀者の足跡をたどることができるかもしれない。右は金峰山



d0123571_2244105.jpg
黒平(くろべら)集落を望む。1200mほど降りてきた



d0123571_22443933.jpg
ダウンヒルでかなり冷えて、木賊峠への登り返しはなかなか調子出ず。マックスローで少しずつ稼ぐ



d0123571_22451654.jpg
荒削りな様相になってきた



d0123571_22454979.jpg
予定より少し遅れて木賊峠(1670m)着。今回は“木賊富士”を望むことができた



d0123571_22461053.jpg
寄り道して樫山線(ダートらしい)に少し入ってみる。赤岳から編笠山のラインが美しい



d0123571_22465849.jpg
増富温泉方面に下山。モルタル・ヒビヒビの急勾配、飛ばせずストレスたまる。が、突如、瑞牆山が!

by masashiw2 | 2015-11-26 22:50 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/22568251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by イエノモノ at 2015-11-27 01:03 x
素晴らしい景色の連続!うらやましい。
一日で全部堪能してしまうのはもったいない気がします。
Commented by hoppy_s at 2015-11-27 09:07
鈴の音を消して・・・凛とした空気を感じます
カンパのフリーも消音したいですね(笑)
Commented by masashiw2 at 2015-11-27 11:35 x
イエノモノさま 今年は夏場に漕げなかったので、秋になって慌てて景色のいいところをめぐっています。
景色が良くて楽にいけそうなところを楽につなぐプランもご用意いたしますよ。
次回は思い出の増富温泉、鄙びた湯宿はいま、どんな様子か? 乞うご期待です。
Commented by masashiw2 at 2015-11-27 11:43 x
hoppyさま カンパフリーもラチェットにグリス盛って爆音ミュート済み(笑)です。
以前、秋の笹子峠大月側の下りで、爆音に閉口したので。
ここ二、三日、日中も冷えますが、漕ぎに出かけるのにつらくなる季節になりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< クリスタルな晩秋漕ぎ・増富温泉... クリスタルな晩秋漕ぎ・大弛峠か... >>