GL漕ぎ・顔振峠から阿寺あたり 2016年4月16日
お昼をまわって、顔振峠。茶屋では山菜のてんぷらを食べている人も。いいなぁ。
わたしの場合、運動中にてんぷらなんぞ食べると強烈な胸焼けに襲われてしまうので、とてもうらやましい。
ちなみに運動中のアルコール摂取は、かなりの確率で心房細動が出るのでNG

d0123571_11232816.jpg
平九郎茶屋からの正午景



d0123571_11304870.jpg
@阿寺



d0123571_11244399.jpg
@阿寺



d0123571_1125781.jpg
天文岩って、なにかといわれがあるようなことを看板に書いてあるのだが、いまひとつよくわからない。
モルタルでいろいろ細工してあるのはボルダリングされるのをきらっているためだろうか
次回、北向地蔵から林道清流線に入ります

by masashiw2 | 2016-04-19 11:26 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23078455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2016-04-19 13:51
すみません。先の山歩きの途中、私はウイスキーをラッパ飲みしてました(笑)
ところで天文岩が相当大きいのか、はたまた鳥居や祠堂がやけに小さいのか、
現地で肉眼で確かめていない者にとっては、どうにも奇妙なバランスに映ります。
Commented by masashiw2 at 2016-04-19 18:41 x
さすが、酒豪は違うなぁ・・・
当方、病気持ちですし、もとより飲酒運転NGですし。
運動中は糖質を摂るだけ、ニチレイの焼きおにぎりも次回から投入します。
天文岩は10mくらいの高さでせうか。クライミングゲレンデは近くにもっと立派なものがあるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< GL漕ぎ・林道清流線を降りる ... GL漕ぎ・高山不動分岐あたり ... >>