松姫峠、吸い付く大月側を降りる 2016日4月23日
昨年秋、やっと封鎖が解けたと思ったら、またすぐに封鎖した松姫峠の大月側(峠から奈良倉トンネルまでの区間)。
封鎖が解けてすぐ漕ぎに行ったのだが、法面改修は終わっていたものの舗装にはまだ手が入っていなかった。
実は舗装工事がなされてとても走りやすくなっていると、最近、小耳に挟んだ。今回の第一の目的はコレ。

吸い付く真新しいアスファルト、ときどき落木・砕石という、あまりない状況を楽しみながら降りていく
風もなく、穏やか。なんの物音もしない。ミソサザイか、たまにフクロウの声のみ。すれ違う車や単車があるはずもない

d0123571_22375611.jpg
お馴染み、松姫南壁のワッフル



d0123571_22382663.jpg




d0123571_22384797.jpg




d0123571_2239510.jpg
ミヤマツツジがところどころに



d0123571_22393584.jpg
噂通り、ひび割れがなくなった。落木、砕石のあるものの、快適



d0123571_2240280.jpg
封鎖はこの先解除されるのかどうか、見守っていきたい。真っ暗なトンネルはどうなるのだろう



d0123571_22403166.jpg
大月からは輪行。大月駅では中国語の構内放送がある割にあまり土産がなくてつまらない。
八王子で途中下車して、「やまたまや」で「七賢 風凛美山純米」など買い、帰宅後楽しむ。とろんとした美味い井戸水。
後で調べたら、この七賢、発泡が美味いらしい。次回の楽しみにとっておく。風張〜松姫、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-04-28 22:41 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23103216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新しいカメラでいろいろ 小菅から松姫峠へ、鯉のぼりとか... >>