鶴峠から柳沢峠-3 2016年5月5日
今回からニューカメラ。写りが違うはずなので、過去に撮った景観も撮り直していく。
帰ってきてデータを見ると、たしかにレタッチ耐性・レンジのあるデータを得ることができ、気をよくしている

d0123571_22342356.jpg
@落合。まだ桜咲いていたり



d0123571_22344734.jpg
@落合。標高1000mのお家(売家?)



d0123571_22365248.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に埋もれている



d0123571_22374352.jpg
@おいらん淵付近




d0123571_22384323.jpg
お馴染み・おいらん淵ワッフルもニューカメラで押さえる



d0123571_2239118.jpg
さらに新しいトンネルをこしらえている



d0123571_2239328.jpg
@鴨沢



d0123571_22395333.jpg
@鴨沢。清酒「双鴨(そうかも=酒井酒造店・昭和40年代廃業)」の仕込み水だったとのこと



d0123571_22402613.jpg
@小河内ダム。この日は自販機ドリンクを千円以上買ったろうか。ドデカミン×2、リアルゴールド×3、アクエリアス×2・・・

奥多摩町に入ってすぐ、留浦でトイレ・ドリンク休憩。あとはさほど漕がずとも、家まで帰れる。
愛宕トンネルと城山トンネル(昨年開通)で、奥多摩駅手前から古里(こり)まで一気に降りる。
御嶽あたりちょっと渋滞、多少のすり抜けをしているうちに、足も回復してきた。青梅まで出れば、1時間圏内も近い。
うちまで帰ってきたら199kmだったので余分に走っておく。鶴峠〜柳沢峠、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-05-10 22:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23134469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by funazusigokko at 2016-05-12 04:22
検診、変わりなくてようございました。
血圧は些細なことで上がったり下がったりするようですね。
ワッフルというのですか、地滑り防止の奴、
あれの工事を見たことがありますが職人さんが命砂つけて
サーカスのように斜面を動いて作業をされていて感心しました。
こんな高い斜面は機械の入りようがないので手仕事になるんですね。
Commented by masashiw2 at 2016-05-12 16:59 x
検診も終わったので、ちょっと調子に乗って飲み喰いしたら、体調を崩してしまいました。
やっぱ歳ですわ。内臓がヨボくなりました。節制せねば。
ここのワッフル、山奥の足場の悪いところに、
律儀にこしらえてあるのでいつも感心して見上げています。
こういう構造物、やはり人智と自然とのせめぎ合いなわけで、結構驚嘆します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 検診などございまして・・・ 2... 鶴峠から柳沢峠-2 2016年... >>