風張峠から藤倉、大ダワへ-5[オマケ★青梅の街へ] 2016年5月15日
青梅市境を越えて、のんびりと下っていく。いつもそのなりゆきが気になっているところが二、三あって。
最後の映画看板師・久保板観の作品を眺めながら青梅市街に入る。
バイパスでスルーするとこれら久保板観作品を見ることはできない

d0123571_23415187.jpg




d0123571_2342834.jpg




d0123571_23422710.jpg




d0123571_2342449.jpg




d0123571_234317.jpg




d0123571_23432329.jpg




d0123571_23434189.jpg




d0123571_23435956.jpg




d0123571_2344184.jpg




d0123571_23443548.jpg
ちょっと似てるような、似てないような不可思議な味わいがあるのですね。たまにはゆっくり歩いてみなくては・・・ 
風張峠から大ダワへ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-05-21 23:45 | ラビリントス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23162032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobulinn at 2016-05-22 00:24
こんばんは。
絵看板の風景、良いですね~・・・
このところちょっとばたばたしていてへこたれ気味なので、こんな懐かしい街を歩きたくなりました。
書店のビデオの文字もなんとも・・・(^^;)
Commented by masashiw2 at 2016-05-22 00:47 x
多摩書房(二俣尾)もちゃんと営業しているのか心配です。このところ休みの日しか前を通らないので。
この書店の看板も表面が脱落して、下の文字が色々見えてきそう。
青梅市街もいいですよ。住江町界隈。
成田三樹夫みたいなジョン・ウェインとか、中村嘉葎雄みたいなフィリップ・ノワレとか、
是非是非見てきてくださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ニュータイヤでパンク。こんな日... 風張峠から藤倉、大ダワへ-4 ... >>