ハルゼミ鳴く有間峠を漕ぐ 2016年6月11日
天気は良さそうだが暑くなりそうな土曜日。5時に家を出る。
昨年初冬には閉ざされたゲートをくぐって漕いだ林道広河原逆川線。今回はゲートが開いていてウェルカム。
路側の砕石も少ない。ワイルドな林道、整備してくださるかたに感謝。

9時には一旦、峠(1149m)を越す。湿気が多く、展望は今二つ。まだハルゼミは鳴いていない。
浦山側を少し降りてみる。ハルゼミが鳴き出した。いいなぁ。聞いたことのない鳥のさえずりにも驚嘆する。
標高800mくらいまで降りて、来た道を登り返す
(秩父まで降りてもよかったのだが、R299~山伏峠を登り返すのがチト辛そうで)

d0123571_13183661.jpg




d0123571_13185730.jpg




d0123571_13201587.jpg
有間ダムの先にさわらびの湯まで見えている



d0123571_13213430.jpg
浦山側に降りるとさらに深い森。サルなどもあらわれて・・・



d0123571_13243367.jpg
ふたたび有間峠を越えて名栗側へ



d0123571_13251881.jpg
名栗側も少し遅れてハルゼミの大合唱

Garmin地図、ルートなどはこちらの記事末尾

by masashiw2 | 2016-06-15 13:29 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23223715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobulinn at 2016-06-17 23:39
こんばんは。
緑の中の小さな踏切、なんだか愛おしいですね。(笑)
前の記事の車窓の風景もすてきです。
良い季節ですね。
かなりの距離のようですが、すっかりお元気になられたようで何よりです。
自転車とカメラ・・・テンポが良いような気がします。
Commented by masashiw2 at 2016-06-18 01:04 x
カメラを変えてから調子よく撮り歩くことができるようになったかもです。
季節的にも森の生命力を感じる時期ですね。鳥もセミも姿は見えませんが、
その存在を間近に感じることができました。サルはちょっとビックリですが。
暑さに負けず出歩きたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 名栗湖から蕎麦粒山が見えるんで... 鶴齢の里・塩沢に立ち寄る 20... >>