梅雨のあいまをぬって 2016年6月26日
この時期、長めの行程を前もって考えるということはあまりしないので、行き当たりばったりの近場漕ぎ。
和田峠にしばらく行っていないので、八王子から陣馬街道に入る。脈拍が上がり過ぎないように注意して漕ぐ。
和田峠には7時過ぎに到着。朝も早くからタイムトライアルしている人がいるなぁ

d0123571_218213.jpg
林のなかの峠、空気はひんやりしている



d0123571_2182943.jpg
茶屋はまだやっていない



d0123571_2185730.jpg
さて、どこへ行くか



d0123571_2191860.jpg
醍醐林道から入山峠もアリだが、早く終わってしまいそう



d0123571_2194514.jpg
とりあえず藤野側に降りる。富士を見て行き先を考える


以前、和田峠から鶴峠に継続して、足が痙攣したことがあって。まさに“吊る”峠(吊ったのは手前の田和峠だったが)。
もうちょっと優しめのところはないか。甲武トンネルで檜原方面につなぐか、それとも雛鶴峠につなぐか。
なんとなくまだ調子がいいので降りないで登っていく棡原(甲武トンネル)方面に入る
d0123571_2110491.jpg
小金井街道~日野バイパス~八王子~陣馬街道~陣馬高原[2]~和田峠[3]~佐野川~棡原~甲武トンネル~上川乗[4]~
数馬~都民の森[5]~風張峠[6]〜風張林道~倉掛~本宿~武蔵五日市~拝島~五日市街道 
総距離137.6km 高度上昇量2248m。少し続きます

by masashiw2 | 2016-06-27 21:16 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23254383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 茶畑とかゴルフ場とか越えて 2... 手前味噌 萩野矢慶記[写真・文... >>