有間峠、秩父にタッチして戻って来る 2016年7月24日
いつまでたっても梅雨が明けない。しかし不思議と土日に降らない。土曜は漕ぎに出かけるつもりが、寝坊してしまう。
土曜日はオホーツク側の冷気が残っていたせいで過ごしやすい一日だった。
小金井公園をジョグしても、もったいないという後悔が消えるはずもなく。
日曜はしっかり漕ぎに出かける。行先は緩めに考えて・・・。ま、奥武蔵月間(?)なので、ぼんやりと有馬峠。
調子は悪くないので、秩父に降りて、返す刀で丸山林道、グリーンライン縦走など──などと考えて出かける

d0123571_1621010.jpg
水が少ない名栗湖。この時点では有馬峠が見えていた


d0123571_16213057.jpg
ガスで何も見えない峠から、アリバイ撮影。薄日が差しそうな雰囲気だったが・・・


d0123571_16215293.jpg
ミソサザイ爆鳴きする浦山側(=秩父市)


d0123571_16224785.jpg
お猿さん(撮影不可)に威嚇されたりしながら、浦山側に降りる


d0123571_16231175.jpg
上のガスも晴れてきただろうか。陽が出ると蒸してきた


d0123571_16235763.jpg
浦山側ゲート。人家が出てくるまでにはまだかなり降りねばならない


d0123571_16242346.jpg
五日市街道~新小平~瑞穂~岩蔵~富岡~山王峠〜名栗〜有間ダム〜林道広河原逆川線〜
有間峠〜浦山〜浦山ダム〜秩父市街〜国道299号[結局、日和って山伏峠から帰る]
〜県道53号〜山伏峠〜名栗〜県道70号〜飯能〜入間〜国道463号〜所沢街道〜田無
距離156.37km、高度上昇量1881m。2000mいかないんですね。浦山の集落の様子など次回

by masashiw2 | 2016-07-25 16:31 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23331293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-path at 2016-07-27 00:00
6月頃のハルゼミも何とも言えない響きですが、ミソサザイですか… いいですね。
1枚目の爽やかな色彩、それに続く寸景にも惹かれます。
集落近くも楽しみです。
Commented by masashiw2 at 2016-07-27 13:03
夏のセミは平地と同じ(?)であまり有難くないですね。
他にもウグイスやアオバトなど鳴いておりました。
あまりいろいろわかるわけではありませんが、楽しいものです。
名栗渓谷源流域から浦山渓谷源流域の深い緑を辿ることのできるコースです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 有間峠、秩父にタッチして戻って... 都内某所にて 2016年7月20日 >>