有間峠、秩父にタッチして戻って来る-2 2016年7月24日
そういえば、有間峠手前で、竹ぼうきで路面を清掃していた方々がいらした。声もかけていただいて、頭がさがる。
おかげさまで今回もタイヤを傷めることなく峠を通過できた。
浦山側(秩父市)の下りも長く、飽きてきた頃、浦山の集落のオブジェたちに迎えられる

d0123571_1362160.jpg
名栗川(逆川)に負けず劣らずの清流=浦山川広河原谷。源流は蕎麦粒山北面


d0123571_1365313.jpg
路傍のオブジェたち。3年前に初めて見た時、驚嘆したものだ。嬉しい再会


d0123571_1374761.jpg
前回来た時は気づかなかったものも。創作意欲が有り余っている


d0123571_1381558.jpg
寄国土(ゆすくど)トンネル、南(上流)側。寄国土とは浦山ダム建設で水没した集落の名前とのこと


d0123571_1383755.jpg
寄国土トンネル、北(下流)側。鼻の穴が眼に見えるとコワイ


d0123571_139577.jpg
浦山ダムも水位がかなり下がっている模様。水没した集落が姿をあらわすかも


ダムから降りて秩父市街、国道299号に入ると、すっきり見えるはずの武甲山にはガスがかかっていた。
目指していた丸山林道の、途中に見える棚田からの絶景もこれではイマイチかと・・・。
丸山林道への分岐のコンビニをなんとなく通りすぎて、まっすぐ芦ヶ久保から山伏峠に向かってしまった

d0123571_13151913.jpg
山伏峠を降りる途中で一服。うちまであと50km


d0123571_13154022.jpg
もう少し下ると名郷鉱山がよく見えた。いつもは逆コースで眼に入らない。
有間峠から秩父、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-07-27 13:23 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23336132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobulinn at 2016-07-27 22:39
こんばんは。
ここは、楽しいですね~!
いつか行って、実物をみてみたいものです。
このトンネルに入るのは、ちょっと勇気がいりそうですけれど・・・(^^;)
Commented by masashiw2 at 2016-07-27 23:00 x
さっと通り過ぎるのが惜しいところですね。
10月に浦山大日堂の獅子舞があるそうです。バスも西武秩父から出ているみたいで。
夏なら川遊びも楽しいでしょうし、多少は涼しいかも。

平井、いいですね。「ぼうや商店秋元」「(有)ナイスミート」、「たこやき刀鍛冶」気になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いよいよ夏ですか・・・ 201... 有間峠、秩父にタッチして戻って... >>