久しぶりの輪行旅・南牧村に行きたい-2 2016年10月2日
十石(じっこく)峠はこれで3度目。上野村からアプローチするのは2回目。何度来ても山深い。今回は曇りでちょっと親しみにくい。

峠に着くと少し曇ってきた。先を急ぎたい。佐久側への下降はあっという間で実際の距離以上に小海線が近い。
大上(おおがみ)峠から南牧村に入ってしまっても下仁田に逃げればいい──など考えながら、古谷ダムまで降りる。

大上峠への分岐は古谷大橋直下。「通行止」とあった(佐久建設事務所HPに記載なし)が、ここまで来て諦めるのもつまらない。
いかついゲートがあるわけでもなく、申し訳程度の鎖が地面に垂れていたので、またいでお邪魔。
途中ほんの一部、沢をまたぐ箇所が路肩が柔くなって土嚢を積んであった。
向こうからオフロードバイクも来たので楽観して進む。勾配らしい勾配はなく、ほどなく大上峠着

d0123571_21494248.jpg
@十石峠、おなじみの展望台


d0123571_21501985.jpg
峠から少し下の廃屋も定点観測物件かと。足を留めずにいられない


d0123571_21505519.jpg
@大上峠分岐


d0123571_21512617.jpg
大上峠。気がつかなかったが、立派な石碑もあるらしい。落ち葉多すぎ


d0123571_21515817.jpg
だんだんコケ道になってきた


d0123571_2157551.jpg
突如バンガローが出てきて拍子抜け。このあたりからはドライ


d0123571_21582754.jpg
ぐんまちゃんが出てくるあたりはまだ補修してもらえる道なのかも


d0123571_2159315.jpg
なんだか険しくなってきた。狭隘部を抜けると熊倉へ
さて、南牧(なんもく)村核心部へ。野辺山のある長野県の南牧村は「みなみまきむら」──です。念のため

by masashiw2 | 2016-10-04 22:06 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23531504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久しぶりの輪行旅・南牧村に行き... 久しぶりの輪行旅・南牧(なんも... >>