体育の日・瑞牆山に励まされ 2016年10月10日
ひんやりとした渓谷沿いの道をたどっていく。渓流釣りのお客さんもいて、いい趣味・趣向だなと思う。
林間から空が見えそうで見えない。曇っているようで、少し晴れ間もあるような。
木賊峠への分岐(観音峠大野山線)を過ぎる。木賊峠〜観音峠間に路側崩壊があって通行止めらしい。

さらに進むとそれなりの坂がそれなりにあって、標高1500mを越え、瑞牆山荘着。
その間、ちらりと瑞牆山の先っぽが見えたりして、なんとか見えそうだととりあえずホッとする。
どんっ!と、その姿を大きくあらわすのは、みずがき山自然公園への道に入ってから。
瑞牆山は待っていてくれた──!

d0123571_20552118.jpg
みずがき山自然公園手前の橋から。左が十一面岩で、右のほうが山頂。ヤスリ岩が顕著


d0123571_20554111.jpg
みずがき山自然公園駐車場から。十一面岩の先(右の奥)の頂上は隠れて見えない


d0123571_2056480.jpg
威容を見納めて、黒森へ降りていきます


d0123571_20563478.jpg
黒森着。上の道は信州峠への道


d0123571_2057157.jpg
県道610号、路側は木の実が散乱


d0123571_20574759.jpg
祝日の、お昼はまだ先の、間延びした時間


d0123571_20581452.jpg
黒森鉱泉は休業中。小さな鉱泉宿は経営が難しい時勢なのかも


d0123571_20583345.jpg
黒森集落をあとにすると瑞牆山も雲の中に姿を隠していった つづく

by masashiw2 | 2016-10-13 21:02 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23550350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 体育の日・あちらこちら迷いなが... 体育の日・ラジウムラインで増富... >>