快晴・蓼科漕ぎ、佐久にダイブする 2016年10月15日
古い記憶はさておき、のんびりしていると、ナイトランになってしまうので、先を急ぐ。
蓼科スカイライン、別荘地の中を抜け、迷うような箇所もなく、ひたすらダウンヒル。
路面がいいので、スピードの出すぎに注意。初見の道でこんなにスピードが出ていいものか……
佐久といえば、銘酒「亀の海」の土屋酒造が思い浮かぶが、それはまた別の機会かと

d0123571_2343435.jpg
「仙郷都市」というネーミングの別荘地。そんな、まるでマチュピチュみたいな?


d0123571_23432827.jpg
スピード出すぎなのでチト補給食


d0123571_23435992.jpg
スピード出すぎだって……


d0123571_23445751.jpg
佐久にダイブ、(今日、ここで終わりなら、)待ってろ、亀の海


d0123571_23462526.jpg
浅間山が大きすぎる


d0123571_23464519.jpg
蓼科スカイラインの入り口を振り返る。滑り台かよ。逆コースはキツイかも


d0123571_234763.jpg
橘倉酒造、「きつくら」と読むのか。ジュース自販機があったので休ませていただく。土屋酒造の他にもいろんな酒蔵があるようで


d0123571_2347559.jpg
龍岡城駅を越えて。田園地帯に和む


d0123571_23484623.jpg
細い通りを東進すると通りのど真ん中に鳥居があった


d0123571_2349780.jpg
このあたりが田口と名がついた集落なのだね。やがてまた山岳地帯へ、つづく  

by masashiw2 | 2016-10-19 23:50 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23562978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もうすぐ逢う魔が時・田口峠 2... 快晴・蓼科漕ぎ、大河原峠再訪 ... >>