大弛峠・雪って、聞いてないよ~(泣) 2016年11月13日
積雪の具合までは調べていなかった。去年の今頃の大弛は快適な紅葉ポタだったのだ。
この日だって暑いくらいで、厚めのジャージをチョイスしたのを後悔していたくらい。
ところが── 峠の4km手前あたりから日陰に雪が残っている。上に行くに従ってその頻度が増し、
特に峠直下のダブルS字ヘアピンはアイスバーン。しかも勾配付き。
コケて膝でも打ったら立ち直れない。安全第一、おっかなびっくり押し歩き。
前の週に麦草峠をこなしていることもあり、この長いルートでもペースをうまく維持できていた。邪魔されるのが悔しい。
日向はドライなのでなんとか気を取り直し、峠まで行ってみる

d0123571_2324562.jpg
東京でも降雪があると、しばらく自転車漕ぎができずゲンナリしてしまう。雪は嫌いですね


d0123571_23253276.jpg
マイクロタクシーの運ちゃんと外国人女性の登山客がおしゃべりをしていた。
運ちゃん「大統領選はあんなことになって・・・」。登山客「カレハ、サベツシュギシャデス。トテモカナシイ」
驚天動地の選挙結果は、こんな山上の別天地でも人々を困惑させているのだった

d0123571_23261725.jpg
川上村側はべったり。やっぱり厳しい


下り(往路と同じ)も、押し歩き。何回か股裂きになりながら堪える。クリートに固着した氷をほじくり出したりで時間がかかる



d0123571_2327226.jpg
雪道から離脱して平常心を取り戻す


d0123571_23274281.jpg
行きと少し高度が高い地点から見た南アルプス。手前の鳳凰三山が沈んで白根三山の稜線や仙丈岳がよく見えるようになる


d0123571_23281185.jpg
お約束の金峰山・五丈岩も大きくご覧いただきましょう


d0123571_2329087.jpg
美しい落葉松の絨毯(これもコントロールを失うので踏まないように)


d0123571_23293959.jpg
琴川ダムを過ぎて、開放感のある区間。フカフカの山肌に眼を和ませる。時間かかってしまったが、柳沢峠へ、つづく

by masashiw2 | 2016-11-15 23:35 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23619676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奥多摩に向かうかどうするか、大... 大弛峠が片付いていなかった 2... >>