奥多摩に向かうかどうするか、大弛峠から柳沢峠へ 2016年11月13日
麓は汗ばむ陽気、クリスタルラインを下りてきた。同じ道でも往路とは違って見える。
結局、予定より1時間くらいロスしてしまったか。牧丘に戻ると、もうすぐ13時という時間。
ここから柳沢峠へは2時間30分くらいかかると見ていた。奥多摩に向かったとして、
柳沢峠から奥多摩湖・小河内ダムまでさらに2時間くらいか。真っ暗になってしまう。
1400mの高所、日陰で凍結箇所もあるかも。高速のダウンヒルでコケたくない。
なので、柳沢峠にタッチしたら往路を塩山に降りることにした。もう慌てないでゆっくり行きます

d0123571_2130587.jpg
クリスタルライン、往路では気がつかなかったが、大きなトチノキがあったり、地蔵さんがあったり


d0123571_21314179.jpg
クリスタルラインの入り口あたり。このあたりは植林地。ところどころ残った広葉樹がアクセント


d0123571_2132068.jpg
牧丘のぶどう園台地に戻ってきた


d0123571_2132268.jpg
勾配10%が続き、夏に大弛峠に登る時は炎熱の関門、核心部でさえある


d0123571_21325733.jpg
焦る気持ちも次第に緩んできた。ゆっくり行くか


d0123571_21333894.jpg
巨峰の里・牧丘方面を振り返る。フルーツラインに入って、国道411号に向かう


d0123571_2134365.jpg
基本、下り勾配だったフルーツライン。しかし、急勾配の道があちこちに派生している。
もうすぐ国道411号、1800mほど降りた事になる。ここから900m登り返す。つづく

by masashiw2 | 2016-11-16 21:38 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23621463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ちゃっちゃと柳沢峠往復 201... 大弛峠・雪って、聞いてないよ~... >>