なんとなく裏ヤビツ-3 2016年12月18日
宮ヶ瀬湖から登ってくる自転車はほとんど秦野側に降りてしまうのだろうか。
正午近く、宮ヶ瀬湖方面に向かう自転車はほとんどなかった。
宮ヶ瀬湖畔園地の横を通ると、屋台の出てるあたりから、ソースの焦げるような匂いがして、
腹が減っていることを急に思い出す。鳥屋のコンビニでコロッケなど食べて家路につく

d0123571_23371749.jpg
川面を見ていると、凍りつきそうで。夏には川床に降りて足を浸けたりしたものだが


d0123571_23375795.jpg
再び幅員の狭い道へ。法面工事箇所もあったが、幸運にも休工中だった


d0123571_23382344.jpg
秦野市境あたりからだったか、丹沢の山が大きく見えている。あまり馴染みがないのでよくわからない


d0123571_23384494.jpg
欄干にもたれて、太陽エネルギーを吸収する。瀬音ばかりが響いている


d0123571_2339086.jpg
往路では、道に霜が降って真っ白だった。復路では呑気な田舎道。裏ヤビツ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-12-21 23:39 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23733405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobulinn at 2016-12-23 17:49
こんばんは。
一枚目のブルーがとても神秘的で美しいです。
最後から二枚目の自分撮りも良いですね!
「ザンギリ」なのですよね?
「ザソギリ」に見えてしまい、なんだろう?と思いました(笑)。
Commented by masashiw2 at 2016-12-23 23:25 x
「ザソギリ」に見えなくもないですね。謎です。
お店のかたに聞くしかないか(笑)。なんでまた今どき「ザンギリ」なのか。
「ン」じゃなくて「ソ」だったら、もうわけわかりませんね。
この辺はヤンキー先生の地元で、なんとなくやんちゃというか、なにか勢いにまかせるような印象があるような。
距離的に手頃な感じがあるのでまた出かけてみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 半原越・法論堂と書いて「おろん... なんとなく裏ヤビツ-2 201... >>