オッサン登山の会・陣馬山の段-4 2017年1月14日
足の調子はとりあえず大丈夫。アキレス腱の痛みは出なかった。
踵から膝裏までテーピングをして、skinsを履き、その上に真珠泉の起毛長レーパンでバッチリ。
風の届かない樹林の中まで先に降りて、リーダー氏らオッサンたちを待つ。

オッサンたちは、なかなか降りてこない。寒風の中、“冬山”な雰囲気を楽しんでいるのだろうか。
誰やらかの登攀記を頭の中で反芻しているに違いない。待ちぼうけで凍えてしまう。

和田峠茶屋前にて縦走を続けるか中退するか協議。雪じたくをしていない隊員もいるし、かくいう私もトレランシューズ。
醍醐丸から市道山までの縦走は諦め、陣馬高原バス停方面に降りることに。ま、勇気ある撤退か。
表和田は凍結箇所もなく、オールドライ(翌日以降は不明)。ヒルクライマー数人、白い息を弾ませ登っていく。

陣馬高原バス停の蕎麦屋で一服してはどうかと、意見具申したが、却下された。
時間があるから下の停留所まで歩こうという。それなら夕焼け小焼けふれあいの里で日帰り入浴をしてはどうかと、
さらに意見具申したが、これも却下。急いでどこに行くというのだろう

d0123571_2231136.jpg



d0123571_223279.jpg
凍っていたのはここだけ


d0123571_2241099.jpg



d0123571_2242777.jpg
蕎麦屋に行きたし


d0123571_2244422.jpg



d0123571_22517.jpg
風呂に入りたし


d0123571_2251933.jpg

バスに拾ってもらって、高尾の駅に15時過ぎに着く。リーダー氏の意向、「ナントカ水産」(泣)へ行きたいという。
中野店なら開店していてすぐ入れるという。居酒屋ひしめく中野でも、あくまで「ナントカ水産」とは、かたくなである。
まずい酒を飲みながら、そのまずい酒がさらにまずくなるような話を聞かされて、なんだかなぁ・・・

この日のルートラボはこちら、ご参考まで。オッサン登山の会、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2017-01-19 22:12 | 峠道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23790010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2017-01-20 09:11
ある意味、期待を超えるオチに楽しませてもらえました。
今後もオッサン登山隊から目が離せません(笑)
Commented by masashiw2 at 2017-01-20 10:46 x
先に脱出したのでわかりませんが、「ナントカ水産」で遭難したかもしれませんね。
ストレスが溜まってはつまらないし、山にも申し訳ないので、しばらくは一人で行動しようかと。
お酒は美味しく飲むものだし。ご高覧有り難うございました。
Commented by スジ太郎 at 2017-01-21 09:41 x
でも、こうやってブログの種を提供してくれるし、自分では絶対に行かないようなコースに連れていってくれるからいいじゃないですか。リーダーって、ひょっとして 100 名山の先輩ですか(そんなわけないですよね)。
Commented by masashiw2 at 2017-01-21 10:29 x
惜しい、近いですね。100名山さんはどうしているのやら。
ま、リーダー氏にはいろいろ触発される部分も無くは無いので有難いと思っているのですよ。
今はまだ、生活やら稼ぎやら介護やらがそれぞれにかかって、それぞれの山への気持ちが一様になりませんが、
もう少し経てば、「老い」がそういった思いの差を埋めてくれるのかもしれません。
皆で気兼ねなし・ストレスなしで気楽に登れるようになればいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三鷹市美術ギャラリー「根付」展... オッサン登山の会・陣馬山の段-... >>