紛らわしてなんとか峠着・裏ヤビツへ 2017年3月11日
立ち漕ぎすると痙攣が出そうなので、ギアを軽くして、前腿に大きな負荷がかからないようにして登る。
勾配が増してくる区間、シッティングのみ。下ハンにしがみついて紛らわしてなんとか峠着。
立ち漕ぎを多用できるように上半身を鍛えてきたのに、なんともなことで・・・

d0123571_11454.jpg
アリバイ石碑写真


d0123571_121151.jpg
南側は雲に隠れてなにも見えなかった。クライマーの喘ぎ声が近づいてきたので退散


d0123571_13104.jpg
帰路、いつも気になる造林小屋跡。ミツマタが咲いたらきれいなことだろう


d0123571_133561.jpg
ロゴがかっこいい林業関連車両。「やまモ」だろうか。新政のお酒みたいですね


d0123571_1122742.jpg
ところどころ登山道とも交差。古道めいた重みを感じる。つづく

by masashiw2 | 2017-03-15 01:13 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/23975581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 来た道戻って宮ヶ瀬湖へ 201... 久しぶりのロングライド・裏ヤビ... >>