名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・南川小学校 2017年4月15日
竹寺を出て、林道・栃屋谷線に入る。少し漕ぎだしてから思い出した。この道、キツかったんだ
吾野鉱山の一番上のヘリにひょっこり出る。展望が一気に開けた。こんなに一気に開けたかなぁ。
やっぱり山や森を少しずつ削っているのですね。

で、飛村線で吾野に抜ける。オール飛村線で行けば楽だったか。ここで、小雨。
八徳の一本桜という選択肢もあったのだが、R299をさかのぼる方がなんとなく楽な気がして西吾野・南川小学校へ。
せっかく八徳の急坂を上っても一本桜が葉桜だったら立ち直れないから。

R299、土曜日なので普通に大型が多くコワイ。路側の白線が濡れて嫌だなぁ。八徳の田舎道の方が良かったかなぁ……。
しかし、小学校に着いて、そういった気持ちは吹き飛んでしまった

d0123571_22314750.jpg
竹寺から降りてきて、南集落。このあいだ、子の権現から降りてきた時も通った


d0123571_22322266.jpg
林道・栃屋谷線。吾野鉱山の一番上のヘリかと。向こうは高山不動


d0123571_22324898.jpg
南川小学校に到着


d0123571_2233732.jpg



d0123571_22335068.jpg



d0123571_22341332.jpg



d0123571_22343226.jpg



d0123571_22345220.jpg
R395で名栗へ。それなりの勾配と覚悟して粛々と漕ぐと、わりと楽に感じた

天目指峠から名栗への下り、「名栗の杜」という茶店・ギャラリーがある。こちらのオーナーさんが造形作家で、
あの野菜漆喰壁を施工したらしい。レストラン「ポレポレ」としてこの27日オープンだとか。
次回は上成木から青梅・梅岩寺に向かいます。つづく

by masashiw2 | 2017-04-19 22:43 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24105475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nandakadays at 2017-04-20 07:35
1日違いのニアミスでしたか(笑)
旧南川小学校へは立ち寄れませんでしたが、鯉たちも楽しそうですね。
西武秩父線の車窓越しに眺めた満開のサクラを思い出しました。
Commented by masashiw2 at 2017-04-20 09:18 x
桜の時期、このエリアへの周遊は毎年恒例みたいになっていまして。
原市場名栗線の奥の山桜が一番のお気に入りで、今年はちょっと外してしまって残念。
奥多摩方面だとまだ少し楽しめそうですね。檜原街道も人里の枝垂れとか毎年見ておきたいものがあったりで。
またお出かけになるようでしたら、観桜の山旅レポ期待しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・久し... 名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・竹寺... >>