名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・圧巻の梅岩寺枝垂れ 2017年4月15日
青梅・梅岩寺の枝垂れ桜を初めて眼にしたのは2005年4月のこと
そのあと幾度となく、花の時期に訪れてはパワーをもらっている。今年もいい時期に来ることができた

d0123571_23111028.jpg
これは本堂前、東の枝垂れ



そしてこちらがお目あての西の枝垂れ
d0123571_23113335.jpg

d0123571_23115854.jpg
この日は午後3時をまわった頃で、西陽の塩梅が良い感じ



d0123571_23121996.jpg
こんな桜のすぐ下で暮らしてみたい


d0123571_23124654.jpg
真下から見てもほとばしるようで


d0123571_2313919.jpg
花のひとつひとつはこんな感じで、つぼみもまだたくさん


d0123571_23133921.jpg



d0123571_2313527.jpg
名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ、ご高覧有り難うございました。ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-04-21 23:17 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anbakoyawa.exblog.jp/tb/24110513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-path at 2017-04-22 01:17
こんばんは。
仰るように陽の当たり方で、見上げる桜に臨場感を味わえます。
少し引き気味の最後の1枚の光がまた、心地よいですね… 
こういう景色から遠のいてしまっているなあ、と。
Commented by masashiw2 at 2017-04-22 10:03 x
少し陽が当たりすぎかもしれませんね。
実際にはもっと陰影に富んでいるのですが、分別のつきすぎた補正をしてしまったかもです。
桜の、咲き誇るエネルギーの噴出感に魅せられると同じくらいに、
崖下のおうちのトタン屋根のマットな感じと風旋ベンチレーターくんにも惹かれたのでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 桜の終わりと、山菜の恵み 名栗~青梅の観桜周遊漕ぎ・久し... >>